HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

証拠金

FXの基礎

証拠金

外国為替取引を一般人でも手軽にできるようにした仕組むがFXですが、今では1,000単位で取引をできるところもあります。つまり米ドルだと1,000ドルですから2012年の年始初頭のレートですと80,000円程度の資金からとなります。

しかし、いくら円高やユーロ安の状況があったとしても、一定の期間に1円くらいの為替が変動したとしても、800円の差益、または損の金額です。これでは、多額に資金を保有していないとメリットとして纏まった金額を得ることはできません。これではこれまでの外国通貨取引となんら変わった所もメリットもありますせん。

しかし、FXの場合には証拠金、あるいは保証金と呼ぶ担保として登録すれば、何倍もの外貨を買ったことにできて、たとえば円安になった時に購入した外貨を売ることで、その差益分だけ利益を確定することができるため、上の例で考えると80万円分を設けることができると云うものです。

この時に支払うべき手数料は取り扱いの会社によって変わりますが、証拠金が安く設定できる所は手数料も安い傾向のようです。また日本の取扱い会社より海外の引き受け会社の方が証拠金は低い傾向のようです。

これらは賢く、よく研究することで自分の自己管理可能の範囲で、且つ自己責任で設定できれば、より少ない資金で大きく設けることの工夫だ出来ると考えてよいでしょう。なにか完璧にマネーゲームのように感じますが、自由化の流れで認められているFXシステムですから、事情をよく考えて、試してみるといいと感じます。ただし、設けるだけではなく、リスクも伴う事はくれぐれも粒子してください。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved