HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

レバレッジ

FXの基礎

レバレッジ

金融取引には数多くの専門用語があって、金融システムの基本が海外で考えだされているためも含めてカタカナ表記の言葉がほとんどです。このため私たち一般人にとっては、とても違う世界で関係のない、または見た聞いただけではその意味を直ぐに理解しにくい物がほとんどです。

このレバレッジと聞いて、どれだけの人がその本当に意味することが即座にわかる人はどれだけいるでしょう。なるべく分り易く調べてみて、更にその仕組みを考えてみます。

Leverageと表記するこの言葉は、Lever,レバー、つまり梃子とか機械の操作棒と訳されるものですね。ここではちょうどシーソーのようなテコの形状を想像すると分かりやすいと思います。

FXでは証拠金と呼ばれる資金を預けますが、この金額をシーソーの一方の重みにして置くと仮定します。そしてその他方にこの保証金の何倍もの金額を設定して、水平を保つようにします。ここには倍数と実際の金額が掛け算で存在させていて、このためより少ない金額で大きな通貨の売買ができるようになっていて、そしてバランスしていると想像します。これがレバレッジです。

たとえば、5千円の実際の資金を200倍に設定して百万円、これに相当する海外通貨がもう一方にあると、シーソーはバランスします。この金額の海外通貨の上下でその利益や差損分を購入者が得られるという仕組みですね。

ただしこのレバレッジ、つまり倍率は自由に設定はできないようで、取り扱いの会社によって組み合わせなどを設定してある商品を買う、それに必要な資金を調整して払い込むのが現実の行動です。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved