HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

相対と取引所

FXの基礎

相対と取引所

金融商品のなかで株式は証券会社経由で株交換取引所が取引をする所と理解しています。これはFXに置き換えると東京と大阪にある金融取引所と証券取引所に相当します。ですから、私たちが売買の取引をするFXの会社は代理店の様な、あるいは各取引所が認めている正規の会社として安心して契約できる相手として考えることができます。

株に限らず、先物の取引などでも行われている仕組みですから分かりやすいかも知れません。FXの参加者は直接にはやり取りをせずに、取引所と言うところに通貨の額とレートを提示して、取引の合意ができる相手を見つけてもらって、ある意味では平等な取引が成立するわけです。

一方、FXでは相対(あいたい)取り引きも認められていて、FXの取扱い会社が交換所を経由せずに一対一で取引のオファーを行い、そして合意したレートと総額で取引を行うものです。この場合、それぞれのFX会社が設定した条件で自由に取引されるため、取引所とは違っておのおのの利害が成立します。

したがって、悪徳業者も存在できる理由にもなり、当然取引に関するトラブルも多くなる可能性もあるようです。したがって、くりっく365として登場した東京金融取引所が取引所為替証拠金取引市場が、より平等に、クリアに取引可能の市場を提供した背景だそうです。

ですから、FXをやってみようと考える場合には、この二つの取引方法を自由に選択でき、リスクをより取る覚悟があるか、安定した少ない利益をこつこつ目論むかで検討できる仕組みです。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved