HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

スワップ金利

FXの基礎

スワップ金利

FXシステムの説明の中にスワップ金利という、聞き慣れない言葉が出てきます。スワップとは取り換えると云う意味ですが、それに金利という金融などで使われる語句が結合しているので余計に分りにくくなっているようです。

調べてみると正式にはスワップポイントと呼ばれているそうですが、実際のFX取引をしていて受け取るお金にまつわるため、金利というよりわかりやすい言葉に置き換えられて、それが定着したようです。

さて、FXシステムでは自分の自己資金を証拠金として、担保のように預けていて、その金額の何倍もの外国為替を買って、売っての差額を得ることができると説明がありました。実はこの行為にとても密接に関連しているのがスワップ金利でした。

自分の資金以上の為替を購入する形態を取ると云う事は、その購入に必要な大きな金額、日本円銀行からを借りているのと同じだとまず理解します。そしてそれに相当する外国通貨をその国の銀行に預けていることになるのだと云うことも頭に入れます。

すると、多額の日本円を借りるにはそれ相当の金利が発生します。また、外国の為替に相当する金額を預けているとその金利が発生します。そして取引自体は数日間で買って、売る行為をします。休日などがはさんだりするとその期間が延長されますが、これらの期間で発生した金利に当然ながら差が発生します。

その差額を調整して計算した金額がこのスワップ金利になるのだそうです。いずれにしても、為替の買いと売りでその利益を得ることがFXシステムの根幹ですが、これにそれぞれの借り、貸しの利ザヤの差も発生して、いわば合計計算されると知っておくとよいのでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved