HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

くりっく365

FXと税金

くりっく365

日本国内での全ての収入には所得税が塁審課税として、つまり所得が増えればその額によってどんどん税金が高くなるシステムです。ですから折角副業も含めてFXシステムで利益を獲得しても、その申告の方法によっては納めるべき所得税の額に大きな差が出ますから注意が必要です。

FXの取引を行うに当って二通りの方法がありますが、それぞれの税金面を考慮に入れてから取引をする方が、後になって納税の時に慌てなくてすむと思います。

まず相対取引としてFX取扱会社との取引の場合には、所謂総合課税方式が適用されることを覚えておきましょう。つまり、FXで得られた収入も、本業や年金などの収入も全て合算してから所得税を計算しますから、税金面では不利になる場合が多いです。

収入額が330万円を越えた時点から一割程度の税金か税率が増えてきます。仮に900万円を超過した辺りからは13%以上多くなり、1800万円からはガクッと増えて、三割が違ってきます。

一方、くりっく365で取引をした場合には、分理科税方式をとることができます。ですから、通常の所得は今までどおりの源泉徴収額で納税して、FXで利益が得られた分はその収入額だけに一律20%の税金を支払えばよい計算になります。

総合課税の所で説明したように、所得額の増加で増えていくか税率は適用されません。従って、レバレッジを利用して大きく為替差益を得たとしても、1800万円以上でも300万円程度の収入の課税率と同じですから、手元に残る金額は八割に抑えられることになります。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved