HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

各種申告

FXと税金

各種申告

FX取引を行う人の立場はいろいろと考えられると思います。日中は今就業している会社員としての仕事や、自営業などでも本業を行っている人は、FXで得た利益、つまりその他の収入として年間20万円以上になる場合には確定申告を2月から3月に行う必要があります。

この制度は、実際にFXでの収入額が少なかったとしても、一度やっておくことによって、FXを始めてから5年間の記録はきちっと保存しておいて、申告さえしておけば税務署から要らぬ質問や調査を受けることはないと理解しておいたほうがよいでしょう。

また、主婦の立場で小額からの取引を始めた人であっても、きちっと記録を取って申告できる準備をしておくほうが後になって税金を納めるといったような、嫌な思いをしなくて済むと考えましょう。扶養家族の範囲から外れることだけを恐れていると、あとあと要らぬ詮索を受けることにもなります。よく税務署にはいい印象を与えておいたほうがよいといわれますが、これがそんなケースになら内容にしておきましょう。

そしてパートや学生の立場でFX取引をしている日は、やはり確定申告をしておいたほうがベターのケースも多いです。勿論年間の収入が103万円以下だからという理解は正しいといけますが、もしかすると確定申告をすることによって、一旦源泉徴収されていた税金が戻ることもあるかもしれません。

収入の額で自分だけで判断していると、結果的に損をしてしまうこともありうると考えて、確定申告のめんどくささより、公正に申告のほうが結果としてよかったと思えることに繋がると考えましょう。インターネットで簡単に計算も出来ますし、入力の方法も解説のサイトなどを参考にすれば、簡便に済ますこともできます。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved