HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

口座について

FXと税金

口座について

FXの取引の最大の特長は、レバレッジを利用して自分の手持ち資金以上の外国為替を売り買いして、そこからの利益を得る差金(さきん)取引ですから、もし巧く運用できるとすると高額な収入になる可能性があることです。従って、目先はどうしてもこの運用方法、売買のタイミングなどに言ってしまいがちです。当然日々のウォッチや判断は大切ですし、時期を逸してしまえば、損をしてしまう可能性もありますから、眼を離すことは出来ないと思います。

しかし、収入である以上国民の義務としての納税は常に付いて廻ります。ですから適切に税金対策をしておかなければ、折角獲得した利益の半分を納税しなくてはならない、利益で得られた額を更に投資にまわしていて、いざ申告後に税金を納める時期に、手元にその資金が不足するなどの事態も起こり得ります。しっかりとした管理と対策が必要です。

さてこの節税対策のなかで、見落としがちなのが取引口座です。可能な限り銀行口座を一つに集中するのは避けたほうがいいでしょう。もちろん見かけ上に分けても、税務署が調べれば全ての口座の合算が対象となってしまいますから、この姑息な手段だけに頼るのはやめましょう。管理可能な範囲で念のため分けるという観点です。一方、もし家族名義での取引が可能であれば、それぞれの口座を利用してFX取引をすることを考えましょう。

つまり家族の基礎控除を有効に活用するということです。従って、基本収入が65万円未満であれば、38万円までは控除対象となりますから、これらを巧く利用すると無理のない、合法的な節税対策となります。ただし、控除対象の額を超えると自動的に扶養家族から外すか、納税の判断を迫られます。この場合が想定されるときには、年度を跨いで決済するなど、慎重に検討をしておくことを勧めます。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved