HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

立場の違い

FXと税金

立場の違い

FX取引をする人は、本業でサラリーマンだったり、個人事業主として経営者やお店などを運営、あるいは専門家としての活動をしている人、または専業主婦の副業だったり、学生などの立場が考えられます。それぞれ自分の責任で自由に取引を開始できる点は、インターネット時代も手伝ってFX取扱者やくりっく365の様に利用方法の改善がなされていって、より一層手軽になってきました。

しかし、これらのそれぞれの立場の違いで、収入にかかる税金への意識はそれなりに持っていないと、折角の収入が減ること、あるいは損をしてしまった部分も仮にあると考えると、税金を払うと一層マイナスになることも考えなくてはなりません。

個人の立場だけで運用していると、節税がやりにくくなるケースには、個人事業主として考えるか、または手軽に会社を設立できる時代ですから、法人化することも視野に入れて総合的に検討しましょう。これによって、個人事業より一層経費の計上できる範囲が広がりますし、生命保険や、損害保険なども経費として計算できますから、より節税がやりやすくなるのを覚えておきましょう。

しかし、会社勤めなどの立場の人は、そもそも副業などアルバイトも認められていない社内規則、服務規程などがあるケースも多いです。これらは慎重に調べておかなければ、所属している企業や団体を辞さなければならない事態も事前に頭に入れておく必要があります。

折角の収入増大も、社会的に制裁を受けたり、評価が下がってしまっては元も子もありません。立場が違っていたとしても、社会人としての自覚と責任は果さなければならないのは当然のことと改めて理解しておきましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved