HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

ポジション

FXのテクニック

ポジション

外国通貨を売買する、つまりある国の外貨を買ったものは必ず売る、逆に売った外貨を買い戻す、これはFX取引の通念ですが、この売ったとか、買ったとかの行為そのものをポジションと呼ぶそうです。

英語の時点でも金融関連の持ち高と説明している個所が必ずあります。つまり位置、位などの一般的によく使われる意味を、複合的に意味を持たせた語句として理解してください。したがって、FXシステムで注文を出すことをポジションメイク、決済をすることをポジションクローズとも表現していて、外貨を持っている状態だけでななく、買ったり売ったりした動きとその内容を同時に指し示す意図があるように感じます。

また、買ったことをロング、売ったことをショートと呼んでいるそうで、ロング、つまり保有していることを客観的に表しています。一方ショーとは保有している外貨が値下がり傾向にあったとき、一定の額まで下がってから買い戻して利益を確保する反対の状態であると理解できるのではないでしょうか。

中学の教科書に出てくる長い、短いの意味合いとは違うと考えれば、すんなりと使うことができると思います。またさらに、売り買いのない状況はスクエアポジションとも称するそうです。

いずれも為替の取り引きで使われる専門用語として記憶しておいて、それぞれの状態、行為などを指す言葉として、取引会社とのやりとりの際にはこれらの語句が出てもあわてないようにしなければなりません。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved