HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

テクニカル分析

FXのテクニック

テクニカル分析

自由経済圏でいろいろな取引活動をしているなかでFXシステムを選んだとしても、特段に別物ではなくて常にいろいろな周りの状況をそのまま反映して為替のレートも変動します。

外国為替は海外の各国でビジネス時間内に取引されていて、朝の取引の開始時点から夕方市場が閉まるまでの間、複雑に折れ線グラフのように上下していることはニュースやが実況中継などで見てとれます。それぞれの外国通貨ごとにその時点での価格が表示されますが、その前後の取引ではどんな状況だったのかなどは、グラフ化されていないと一目瞭然とはなりにくいです。

この取引時間内での実績状態を表すグラフとしてよく用いられているのがローソク足と呼ばれる表記方法です。そして、この表を注意深く観察して過去、当日の取引のトレンドを読んで理解して、外貨の売りを注文するのか、あるいは買い注文を出すのか、また保留して決済を先延ばしするのかの決断をします。

この方法をテクニカル分析と呼んでいます。実際の取引の状況を見て判断する物で、取引業者、投資家の動きから市場がこれからどうなるかを考えて、その行動パターンを自分自身の保有する外貨を如何に運用して利益を得るための行動を起こす判断材料とする方法です。

全く各国の経済状況や様々なニュースを無視するわけではないでしょうが、間接的な材料として理解するだけで、取引を行っている当事者の動向をテクニカルな観点で観察して、その傾向を分析する手法で、ローソク足を使った方式はとても普及しています。ただ各社で色付けなどは違っているそうで、慣れる必要があるようです

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved