HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

ストップロス

FXのテクニック

ストップロス

FXの取引を開始る場合にFX会社から必ずと言っていい位に聞かれるのがストップロスのルールについてです。これはどんな為替を元に売買したとしても常に利益だけがでるとは限らないため、ある程度の損失を決めておいて、それ以上の損害額を膨らませない様に取り決めることを指します。

簡単に考えると、一定の損失確定の額を決めておいて、その学に達したら自動的にその時点で保有している売買を決済して損失を確定させるものです。この行為をすることで、次の取引に移ることができる仕組みで、このルールを取り決めることで安心して複数の通過ペアの取引を継続できるものと理解しましょう。

また、損失を出すことはとても残念な事ですし、できれば避けたい事態ですが、いったんそこで気持ちを入れ替えて、新たな取引を開始すると云う、ターニングポイントを設定するとも考えれいいでしょう。

ストップロスのルール決定には大きく分けて二通りあります。一つ目は、一定の損失額を設定して、その金額に達した時に即効取引を継続しないで損切りの決済を行うというものです。相場の経過を見ていると、一旦下降気味に推移しているのですが、取引の終了時や次の日には一点上昇傾向に転じているケースもありますが、ある云意味では決断をした金額に達した時点で、その後の傾向は様子を見ずに決断を下す方法です。

もう一つは、取引の経過を観察した上で、上昇の傾向、あるいは下降のトレンドが崩れたと判断されるテクニカル分析の条件を満たした際に、損切りをすると設定する方法です。絶対値だけで決定するのとは違って、傾向で決断する方法と考えると分かりやすいかも知れません。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved