HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

ロスカット

FXのテクニック

ロスカット

FXシステムを利用すると、手持ちの資金の何倍もの外国通貨を保有して、あるいは買う注文をだして、おおきな利益を生み出しうる魅力的な投資案件と云えます。しかし、大きなリターンの裏側には想像以上のリスクを背負う可能性もあることは理解できます。

手持ちの資金だけに相当する外貨の変動で損をしたとしても、とても微量で済みますが、レバレッジを利用して何倍もの通貨を取り扱った場合の損失は、その倍数に比例しますから、反比例した醍醐味とも、注意がより緻密に必要と考えるべきですね。

ロスカットと呼ばれる用語は、取り扱いの会社によっては違う言葉になっているようです、マージンコールや自動ストップロスとも呼ばれているかもしれません。取引中、つまり注文を出しておいた外貨の為替の変動が、当初考えていた目論見とは全く反対方向に動きたした場合には、とうぜん想定されている利益から転じて多額の損害額になり始めます。

この時に証拠金に取引数量を掛けた数字より下がった場合に、自動的に決済をして損をその時点で確定することを言います。ある時点の損、つまりロスをそこからカットアウトするという意味です。為替の動向によっては、制御不能でみるみるうちに下落が続く場合には、それ以下に下がったりできたい値幅に制限をかけることで、これをしないで放置していると、レバレッジの倍率のとおりに無尽蔵なロスがふくれます。

その後の状況で上昇に転じていて、結果的には決済をしてしまって、無駄になったと感じるとは思います。しかし、この乱高下はだれもが予測不可能で、当事者の考え方で損失はそれで受け入れて、改めての取引で利益を獲得すべく再開する考え方だと理解もできるでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved