HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

注文の基本

取引注文

注文の基本

さて実際のFXシステムを利用した売買をどのように行うのかを見てみます。 だれでもある外貨の価値が低い時、つまり円高になっている内に許される資金の範囲で買っておいて、いざ価値が上がる傾向になった時、円が安くなる局面で一気に売ると、売買の差を大きく得ることとができると知っています。とても簡単に思えます。

しかし、実際には少し違っていて、まず売ることから始めることも可能なのですね。これは想像が付き難いです。

いずれにしても決めた通貨ペアの状況を見据えて、その対象とした通貨がこれから先どうなりそうかを注意深く見ていると、その外国為替が今後円高になりそうだと考えられた場合、この時にまず外国通貨を売る宣言をするのだそうです。そして一定の期間で今度は円安になって行くと見ていたわけですから、鋭くその時期を判断して買う行為を宣言するのだそうです。

私たちには日本円という自国の通貨側からしか見ていないのが通常ですが、この行為の場合には外貨からの観点で見てみて、そしてその差が発生しそうなポイントを素早くつかみ取ってそれぞれの売りと買いの行為を行う注文をする、これが基本です。

特に買うことから始める行為は、決済注文と呼ぶのだそうです。買いと売りのどちらが先であっても、自己資金だけで行わずに、その金額の何倍かを借りたり、貸したりして取引を行うことが根底にあるために、通常では行えない逆の注文も成立するのだと理解すれば簡単ですし、それぞれの通貨同士のカーブ曲線を想像できればよりわかりやすいかも知れません。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved