HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

成行注文

取引注文

成行注文

為替の成り行きについて、また傾向については毎日、定期的に発表される各国の通貨レートと、その解説がニュースや専門サイトなどで表示されます。

それらを見ていて専門家の言葉や、解説で自分の持っている海外通貨の売りのタイミングや、次に買って見ようと考える通貨のことを観察して、ある意味で自由に注文を入れることはできます。この注文の方法だけではありませんが、自由に注文を都度入れることをFXシステムでは成行(なりゆき)注文、プライスオーダーと呼んでいるそうです。

一般には自分なりの判断で買って、売るなどがとても分りやすいため、これが注文の基本だと思いがちですが、実際にはすこしは違うようです。注文の際には、買いがはじめに行われるとしても、売りから始めるにしても、いずれも自己の判断で即決したいですから、短時間に判断して成立させることができるので、結果も直ぐに計算可能です。

ただ、この成り行きの場合には、それこそ携帯電話やスマートフォンも含めて、常に為替の状況をウォッチしている必要があります、そのタイミングを大切にする為にはいたし方がない方法とも、一方では言えるのではないでしょうか。テレビのニュースなどで見かける、ディーリングルームのやり取りと、通貨の状態を見ているあの光景そのものですね。

ただし、成り行きの場合には、取引を短縮できても物理的には時間差が発生する場合もあります。また、対象の通貨の変動幅があまりにも大きい場合には、注文を受け付けてもらえないこともあるそうです。乱高下の状況では成行取引は避けた方がよさそうです。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved