HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

指値注文

取引注文

指値注文

取引をして儲けようと考えることは、安く買ってそれを一円でも高く売る、あるいは高く売れることがある程度想像できる時になるべく安く買えるように工夫する、これは世の東西に関わらず昔から商売の基本としてきたことです。誰も安く売って高く買おうとする人はいません。特別な理由があって安く売りさばくことはまれにあるかも知れませんが、この時の事情は全く通常とは異なります。

FXという為替変動が常に起きている物を扱う場合には、どんな意図的な操作や手当などが影響する物でもないもので、また専門家が今後の相場の傾向を予想したりして参考にもしますが、これも確約される性格のものでもありませんから、常に自己責任で自分の買った通貨、あるいは売ろうとしている外国為替がどういうトレンドなのかを見極めて、買う、売る瞬間を決めるのが通常の取引方法です。

しかし、FXの場合ではその売買の瞬間に注文を入れて成約する方法以外に、あらかじめ決めておいた為替の時に至った時に、売買がなされるように指定する方法があります。これが指値(さしね)注文と呼ばれているものです。今後売ろうとする物が上昇傾向にあるとき、そして検討した最大値を境にしてそれ以上にはならないだろうと考えた時に、具体的価格で指定するものです。

したがって、時間的制約はなしに売買が自動的になされますから、ある意味では利益が確定できた取引と考えることもできます。しかし、為替の市況は不安定ですから、もしかすると指定した価格に至らずに、ずるずると推移して行ったり、あるいは買値を下回わる価格にさがってしまうリスクはあります。ですから、指定した外国為替の方向性を見極めなければなりませんが、メリットはあると考えて慎重に検討しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved