HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

その他注文

取引注文

その他注文

FXシステムの取引では指値関連する注文の入れ方とは違った特殊な物も含めた方法が四種類くらいあります。IFD、OCO、IFOそしてトレールと言われるものです。これらのなかでIFDは「If Done」の略で、指値と逆指値の両方をセットで注文することだそうで、それぞれのラインに達した時に自動的にどちらかの売買が成立する便利な仕組みです。

次のOCOは「One Cancels the Other」の略で、IFOと似ていますが、最大と最低ラインをそうれぞれセットで設けますが、たとへば最低ラインを越えた回復市況が望めなければそれ以上の損失額が増えるのを防ぐため決済されて、その反対の指定もキャンセルしてストップする仕組みです。

IFO注文の場合はIFDとOCOを組み合わせた方法で、買いのポンとはIFDと同じで推移して、その後はOCOの取引方法と同じだそうです。これらはもう少し慎重に検討してみる必要がありそうです。しかしいずれもFXを利用する物のなかなか自由なウォッチ時間や検討する間が見つけられない人にとっては便利な方法論です。

トレールとは「Trail」と英語では記述します。つまり軌跡などと表わされるため、常に上下に変動する為替レートに合わせて自動的に最低ラインを再設定してくれる仕組みのようです。

上昇傾向にある場合には一定の設定された幅で上限を自動的に再設定、逆の場合は損害を増やさないように自動的に逆指値レベルを設定してくれて、この場合であっても利益を獲得できる可能性も含んでいるようです。いずれも取り扱いの会社に問い合わせと、丁寧な説明を受けて納得する必要があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved